MENU

にきびと抗生物質

 

にきびが出来てそれを治療しようと思って抗生物質を飲んだり塗ったりする人がいますが、実はそれはにきびを長期化させたり、また出来やすい環境にさせる原因とも言われています。抗生物質というのは体に副作用を起こします。にきびが出来たからと言って、抗生物質を飲むというのはできる限り避けたいことです。もしもにきび治療に抗生物質を飲むことになったとしてもできるだけ短期間での服用にして、長期間飲み続けることのないようにしましょう。
抗生物質が効かないにきびもありますから、できるだけ抗生物質の服用は避けるべきです。今までににきびが出来て抗生物質を飲んでいたという人は、やめることによって、治りが遅くなることも言われています。自然治癒に比べると2倍以上も時間がかかることもあります。抗生物質をやめるとリバウンドしてまたにきびが出来やすくなったり、場合によっては異常な数のにきびが出来るということもありますから中王いしましょう。
抗生物質を長い期間のんていた人が突然やめて、にきびを治療するという場合には、リバウンドしやすいので長い目で見ると抗生物質を飲んだり塗ったりしてにきびを治療するというのは、あまりいい方法ではないといえます。

にきびと漢方薬

 

にきびを治療する方法の一つに漢方薬を使って治療をするという方法があります。にきびを治療に漢方薬を使うことのメリットを紹介します。にきびが悪化している時には抗生物質を使って治療をするということが多いのですが、にきび治療のために抗生物質を使うと多くの場合が、副作用や悪化させてしまうということが報告されています。たとえば抗生物質を長期間使った場合には、にきびが再発しやすい状況になるとも言われているのです。ですから抗生物質をつかってにきび治療をするよりは漢方を使った方が副作用の心配がないということです。
にきび治療に漢方を使うと、ニキビを体質から改善させるというメリットもあります。にきびはできる場所によって体の何らかの異変が原因とされていますから異常な部分を漢方で根本から治療するという方法があります。漢方薬は薬ですが、飲み続けることで体に害を与えるような薬ではありませんから、安心して服用することが出来るのです。あまりにきびが出来たからと言って頻繁に抗生物質などを飲み続けているというのは体にとっていい影響があるとはいえませんから、その点を考えてみても、漢方で根本的な面から改善していくということはとても効果があるということにつながるのです。

にきびと飲み薬

 

にきびと飲み薬についてですが、にきびを治療するという場合には、多くの場合が塗り薬を塗るというケースが多いと思いますが、にきびを外から治療するだけでなく、内側からも治療をするという意味では、にきびを治療する方法の一つとして飲み薬を飲むという方法があります。
にきび治療で皮膚科を受診したことがあるという人はわかるかもしれませんが、にきびの飲み薬を処方されるケースが多いですね。にきびの飲み薬の成分はひどい場合には抗生物質を処方されるというケースが多いですし、ビタミン剤などで肌荒れを根本から治療するという方法で飲み薬が処方されることもありますからいろいろです。
にきびの治療に飲み薬を飲むという場合に抗生物質を飲むというのはよほどひどいケースだと思いますが、その場合は短期間の服用にとどめておくことが重要です。あまりにも長期で抗生物質を服用していると、抗生物質が逆ににきびを再発させたり悪化させる恐れがあるのです。ですからにきびを治療する際に飲み薬を飲むという場合には十分の医師から説明を受けたうえで飲むというのがいいですね。
自分で手軽にできることはサプリメントで肌荒れなどを防ぐ成分が入っているものを飲むということです。